悪玉コレステロールと中性脂肪

MENU

中性脂肪とは

魚、動物、人の、体脂肪のほとんどを占めている物質と言えます。動物や人にとってはエネルギー源となるものであり、溜めておくことでエネルギー源がなくなったときのための貯蔵源となります。食べ物が手に入らない時代には、この中性脂肪は命綱だったはずです。

 

しかし現在は食べ物が溢れており、知らないうちに食べ過ぎてしまうという時代です。そのため運動量とのバランスが悪ければ溜まりすぎてしまいます。体脂肪として必要以上に溜まり過ぎてしまうことで、肥満、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こし、命にかかわる重大疾患にもつながります。

 

コレステロールとは

コレステロールは60兆とも言われている細胞の、細胞膜を構成する重要な成分です。またストレスを受けたときの水分調整などに働く、副腎質ホルモンや性ホルモンの素材となったり、脂肪の消化吸収を助ける働きのある胆汁酸をつくる素材にもなります。

 

約7割が肝臓で合成され、約3割を食品から取り入れるというもの。健康な体ならコレステロールを一定にコントロールする働きがあり、食事から多くコレステロールを摂った場合は、体内合成を減らす機能が働きます。しかしコレステロールの大幅な過剰摂取や、加齢などによってこの調整機能が働かなくなることもあるのです。

 

悪玉コレステロールはコレステロールの運び役で、血液に乗って全身必要なところに必要な分だけ運びます。そして善玉コレステロールは余ったコレステロールを肝臓に戻す回収役を担っています。しかしそれでも回収しきれない分は血液内で酸化し、血液ドロドロの原因となり動脈硬化などを起こすことになるのです。

 

中性脂肪と悪玉コレステロールの関係

この2つの違いは、それぞれの働きをご紹介したことでお分かりになったと思います。ではどのような関係があるのかを考えてみましょう。体内には脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン酸という4つの脂肪があり、どれも脂肪の一種なのです。働きは上でご説明したように、中性脂肪とコレステロールはまったく違います。

 

では2つの関係についてですが、近年分かってきたことでは、血中の中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減るということが確認されています。善玉コレステロールが減るということは悪玉コレステロールが増えることにつながるため、中性脂肪が増えると悪玉コレステロールも増えるという関係にあるのです。そしてどちらも増えてしまうと、動脈硬化のリスクが高まり命にかかわる重大疾病につながることになってしまいます。