中性脂肪が上がる原因

MENU

中性脂肪が増える仕組み

生命を維持するためのエネルギーとして、脂質、タンパク質、糖質などがあります。これらが食事から摂りすぎてしまうと、最終的にはすべて中性脂肪になってしまうのです。

 

糖質の場合は炭水化物や糖分などが腸内で消化されるとブドウ糖になります。これは筋肉や脳のエネルギーになりますが、ブドウ糖が余ってしまうとグリコーゲンに変化し、肝臓に溜まって中性脂肪となります。

 

タンパク質は1度アミノ酸に分解されます。このアミノ酸がグルコースという糖質になり、それが肝臓で中性脂肪になるという流れがあるのです。

 

そして脂質は、遊離脂肪酸とグリセロールに分解されて吸収されていきます。特にグリセロールに分解されたものが中性脂肪になるのです。

 

お酒の影響

お酒は糖質が含まれているので、糖質がグリコーゲンに変化して肝臓で中性脂肪になります。しかしお酒の場合はそれだけでありません。お酒に含まれているアルコールは、肝臓において水と二酸化炭素に分解されます。この分解の過程で発生する酵素こそ、中性脂肪の合成を促進するものなのです。つまりダブルで中性脂肪を高めるということになります。

 

肉食が多い

肉食中心の食生活の人は、どうしても脂肪部分の摂取も多くなるため、脂質を燃やすだけのエネルギー消費をしない限り中性脂肪は高まっていきます。肉食が多い人はできるだけ脂身の少ない赤身を食べるようにし、魚のメニューを増やすことも考えていきたいものです。

 

甘い物が好き

甘い物が好きな人は、糖質の取りすぎによって中性脂肪を増やしますことも。また洋菓子などの場合は糖質だけでなく脂質も取りすぎの危険もあります。また甘い飲物が好きな人は、清涼飲料水など無意識に飲み過ぎてしまうことにもなります。

 

外食やコンビニ弁当、ファストフードなどが多い

外食やコンビニ弁当、ファストフードは、どうしても揚げ物などが多くなります。一見揚げ物メニューではなくても、大量調理のため材料に火を通すために一気に揚げてしまうなど、多くの油が使われやすいという部分もあります。また野菜やキノコ、海藻などが不足しやすく、脂肪排出作用も働かず中性脂肪は溜まる一方に。

 

間食が多い

おやつなどの間食が多い人も注意しなければなりません。間食には糖質、脂質も多く含まれることも。ジャンクフードなどは、油の使用が多く脂肪分が多く含まれています。だらだら食べてしまうと、その量は想像以上となってしまいます。当然寝る前に食べる夜食なども、その後活動をしないため溜まる一方となります。

 

野菜が少ない

野菜には食物繊維も豊富に含まれており、腸内で脂肪分の吸収を抑え排出させる働きがあります。そのため野菜が少ない食生活は中性脂肪を増やしてしまうのです。また野菜をタップリ食べることで満腹感を早く呼び起こすことにもなります。野菜が少ないということはその分、満腹を感じるために糖質や脂質などを多く摂ることになるのです。

 

運動が少ない

通勤や買い物などの日常的な動き以外、特に運動などしていないと、どうしても消費エネルギーが低下し中性脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

 

満腹になるまで食べる

必要以上に食べる人、満腹になるまで食べてしまう人は、どうしてもエネルギー消費より摂取量が多くなり、たくさん余ってしまった脂肪や糖質などは中性脂肪となっていきます。