中性脂肪は下げ続けることが重要

MENU

これからずっと続ける努力について

中性脂肪を減らす努力は今後ずっと続けることになるので、「我慢や辛いことは避ける」。そして「ちょっとした努力の積み重ねを大切に」して、「サプリなどをプラス」。この3つは続けることを重視した、中性脂肪を減らすためのポイントです。

 

我慢や辛いことは避ける

我慢や辛いことを毎日続けることは、とても苦しいことです。今後一生続けなければならないのに、辛いことばかりでは続きません。例えば食生活でも我慢は辛いことです。食べたいのに我慢するのはとても辛いこと。もちろん脂肪分の多い食品や糖質を減らすことは大切です。

 

そこで食欲そのものを低下させるために、睡眠をしっかり取るようにしましょう。睡眠がしっかり取れていると空腹を感じさせるホルモンの分泌が減り、満腹を感じやすいホルモンの分泌が増えます。そのためしっかり睡眠を摂ることを実践しましょう。

 

また油の多い揚げ物や、炭水化物や脂質の多いラーメンなど避けたいものですが、やっぱり食べたいものです。そこで毎日食べることは我慢して、1週間に1日は普段なら食べないようにしているものを食べて良い日をつくりましょう。食べられない辛さより、1週間に1日の解禁日がとても楽しみになるので、辛さに負けることがなく続けられます。

 

お酒の我慢も辛いものですが、同じように1週間に1日の解禁日をつくりましょう。後はノンアルコールビールで我慢します。解禁日が待ち遠しくなるはず。我慢ばかりが続かないのは、楽しみがないからなのです。ケーキなど甘い物に目がない人も同じです。解禁日をつくり、その日を楽しみにすると長続きします。

 

食べ物の他に運動もやはり辛いと続きません。そこでまず通勤の行き帰りのどちらかでいいので、1駅歩くようにしましょう。たったそれだけでOKです。30分自宅で運動をするのは相当な努力が必要です。意志が強くないとなかなか続きません。

 

しかし歩くだけなら、目的は違っても多くの人と一緒に行動するため、孤独感がなく続きやすいのです。30分間一人で運動するのはとても長く感じますが、自宅を目的にして歩くだけなら30分はまったく長く感じません。このようにできるだけ辛く感じることを避けながらしっかり努力をしていきましょう。

 

ちょっとした努力の積み重ねを大切に

毎日のちょっとした努力が積み重なれば、ちょっとしたことではなくなります。例えばついシャワーで終えてしまう人は、毎日お風呂に入るという、ちょっとした努力をしてみましょう。いつもエレベーターなどを使ってしまうところも、最低でも3階分は階段を使うようにします。

 

イスに座っていて下に物が落ちたときに、手を伸ばして取るのではなく、1度イスから立って物を取り座り直すなど、ちょっと意識して体をいつもより多く動かす努力をしましょう。積み重なればその努力は実を結びます。

 

外食のときには必ずサラダなどの野菜を一品増やしましょう。毎日1回は魚を意識的に食べるようにします。こんなちょっとした努力でいいのです。ただしちょっとしたことだから、軽く無視することもできるのが落とし穴となります。ちょっとしたことを、しかし確実にやっていくということが大切なのです。

 

サプリなどの応援団

努力をしたら、後のサポートはサプリの応援団をプラスしましょう。特に中性脂肪を減らすためにはDHA・EPAサプリがおすすめです。なかなか摂りにくいDHA・EPAサプリを強い味方にしてしまいましょう。