中性脂肪を下げるいろいろ

MENU

中性脂肪って何?

中性脂肪とは私たちが息をするなども含む生命維持や、体を動かすなどのエネルギー源となる物質であり、生きるためには欠かせない物質です。別名トリグリセリド(トリアシルグリセロールあるいはトリグリセライド)と言われており、健康診断の検査結果には「TG」という記号が使われています。

 

多くは食べ物の脂質から作られる

食べ物に含まれている脂質が、小腸から吸収され体内をめぐりながら必要なところに配られ、エネルギーとして利用されます。しかし脂質を多く摂取した場合は、血中で余ってしまい中性脂肪として蓄えられるのです。中性脂肪というと悪者のようにイメージされますが、中性脂肪は生きるためには必要なものであり、溜まりすぎた中性脂肪が悪者になってしまうのです。

 

血中に使い切れない脂質が増えてしまうと脂質異常となり、めぐりの粘度が高まってドロドロ状態になってしまうため、動脈硬化などに進行するリスクも高まります。動脈硬化はサイレントキラーと言われ、命にかかわる重大な疾患の危険因子なので、中性脂肪を増やさないようにすることが重要です。

 

中性脂肪の基準値について

中性脂肪の基準値は、血中の中性脂肪の値が150mg/dl以上になると脂質異常症と判断され、注意をしなければならない状態だという赤信号となります。中性脂肪の標準値は性別や年齢により変わります。

 

「正常値は30〜149mg/dl」「異常値は29 mg/dl以下、あるいは150 mg/dl以上」となりますが、体格や体質などによっても差があるので、特にこのぐらいが理想という値はありませんが、異常値にならない努力が大切です。もし健康診断などで異常値に近づいている、あるいは異常値を超えてしまったという注意喚起があった場合は、早く正常値に戻す努力が必要と考えましょう。

 

中性脂肪と悪玉コレステロールの違い

中性脂肪も悪玉コレステロールも、増えてしまうとめぐりが悪くなり、恐ろしい疾患の原因になるということは多くの人が知っていると思います。この辺が一緒になって同じ物質と思っている人や、違いがはっきりしていない人も多いのではないでしょうか。

 

まず中性脂肪は内臓や体のいろいろな部分に溜まり、ブドウ糖などのエネルギー源が減ってしまうとエネルギー源として必要な分だけ使われます。コレステロールは脂肪の一種ですが脂肪膜や、ホルモンや胆汁の原料として使われる物質です。コレステロールは善玉と悪玉があり、中性脂肪が増えることで悪玉コレステロールが増え、逆に善玉コレステロールは減少。このように別の脂肪であっても増えるときには連動するため、健康リスクは共通することが多くなります。

 

 

http://www.neutral-fat-o-sageru.com/about-neutral-fat#i-2